業者に車を買い取ってもらおうと思い、WEBの簡

とり良助   2017-03-10   業者に車を買い取ってもらおうと思い、WEBの簡 はコメントを受け付けていません。
車を売買しようとする際、一度に複数の会社の出張査定予約を

業者に車を買い取ってもらおうと思い、WEBの簡単査定サービスを使ってみました。



車は何といってもアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、自分でもそこそこ高く売れるだろうと見積もっていたのですが、思ったよりずっと低い額を提示されて驚きました。

査定をお願いしていた買取業者に説明に来てもらったところ、「外車よりも軽自動車の方がまだ高い額が付く」と言われて衝撃を受けました。

誰でも車の査定では、可能な限り高値をつけてもらいたいものですが、そのための話の進め方があり、以下のように進めていきます。
最初にやることは、いくつかの買い取り業者に目星をつけて、そこから、見積もりをもらいましょう。



この時点ではまだ、価格交渉はしません。


出してもらった金額の、一番高いところを基準にして業者との価格交渉をしていきます。

話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、こういったやり方を繰り返すと、本気の交渉ではないと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、あまりしつこくアタックするのはおすすめできません。車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、限定された種類の車の販売を得意とする、または専門的に行っているところがあります。一例を挙げると、売りたい車が軽自動車なら、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が多分買取額が高くなるはずです。特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、それと分かるのです。車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは実車査定をする際にくまなくチェックされるものです。あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理代を上回るほどの査定額アップは「十中八九ない」と断言できます。

修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。



新車に購入し直す場合、現在まで使ってきた車は販売業者で古いほうを買い取ってもらう方が割合が大きくなっていると思います。しかし、専属の販売店での調査では年式と走った長さで、判断されてしまう場合がおおかたですから、中古の自動車を扱う市場で評判がある車でもそれほど高いお金の査定は可能性は低いでしょう。普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。しかしながら車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。



中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると忘れがちなことですので、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかあらかじめ確かめておくようにしましょう。


査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。「車検切れ」である車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。ただ、残りの期間が一年もないくらいではそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。
乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。



でも、ちょっともったいないと思いませんか。
下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、車の車種や補修履歴などの状態によって、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取業者のほうが高かったんです。
特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。



30万円以下なら現金払いもできるそうです。

ともあれそのお金でさっそく新車の頭金にあてました。


下取りを値引きだと思っていると損ですよね。
車のローンを払っている最中というのは、車両が担保の役割を担っています。
現在ローンしている車を売却する場合、残債を片付けて、ご自身がクルマの所有権を持たなくてはいけないという訳ですね。
手続きが難しいと感じる方もいるかもしれませんが、多くの買取業者では車の売却額からローン分を立て替えてくれますし、所有権を移動させる手続きも、業者がまとめて行ってくれますからそこまで手間がかかりません。

ですから、売却額とローン残債分との差額を買取業者に後で支払うか、クルマの買取金額によってはご自身のお金になり、売却手続きは済んでしまいます。

一般的に、中古車査定業務において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと与えられませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。